8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

育毛・発毛

2017/01/26

【お肉や大豆】食事で髪に必要な栄養源、タンパク質をとればハゲが改善する?

タンパク質をしっかりと摂取すれば抜け毛の予防になります。タンパク質は髪の毛を作る原料になるのでしっかりと摂取しないと、髪の毛が成長することができなくなってしまうかもしれません。

髪の毛を構成する成分のほとんどはタンパク質です。そのため、髪の毛にとって、たんぱく質というのは必要不可欠なものです。こういったことは、少しでも髪の毛に対してコンプレックスがあったり、薄毛に悩んでいる人であればご存知のことだと思います。しかし、髪の毛を問題なく成長させるためには、どのぐらいの量のタンパク質を摂取していけばいいのか、そこまで知ってる方は少ないのでないでしょうか。今回は髪の毛とタンパク質の関係についてをまとめました。

髪の毛の必須成分たんぱく質


薄毛を改善するためにはタンパク質が必要不可欠だということをご存知ですか?
髪の毛はそのほとんどの構成している成分がたんぱく質です。タンパク質が不足してしまうと、髪の毛を作ろうと思っても、その材料がない状態になってしまうため、健康な髪の毛は生えてきません。しかしここで疑問になるのが、たんぱく質にもいくつか種類があるので、どんなタンパク質でも大丈夫なのか?ということ、また一日どれぐらいのタンパク質を摂るのが髪の毛にいいのか?ということです。今回の記事では、髪の毛が元気に成長するために必要なタンパク質についてを解説していきます。
抜け毛の改善にはタンパク質が必要だということは有名ですが、このタンパク質を摂取することで、髪の毛の成長スピードが速くなるというのは本当なのでしょうか?タンパク質が足りない状態というのは、髪の毛を作る材料が足りないということなので、髪の毛は成長しないのです。本来成長するはずの髪の毛がなかなか伸びないというのはタンパク質が不足しているということが可能性の一つに挙げられるのです。

たんぱく質の働き

髪の毛を早く成長させるためにはタンパク質を摂取することが必要不可欠だということがわかりました。しかし、タンパク質とはそもそもどのような働きをする成分なのでしょうか。人間が生きていくために必要なさまざまな部位を蛋白質は構成しています。

生命を維持する

タンパク質の大きな働きの一つは、生命を維持することです。生きていくために活動が必要な臓器のほとんどはタンパク質によって構成されています。人の体は70%が水でできているという有名な話がありますが、その話の陰に隠れて、実は人の体を構成する成分の15%はタンパク質なのです。これは水に次いで二番目に多い成分です。たんぱく質は主に、筋肉・皮膚・臓器など体を構成するほとんどの部位や、体中を流れる血液などにも含まれています。要は、タンパク質なしでは人は生命を維持することができないのです。

髪の毛を作る成分

生命維持という非常に大事な役割を担っているタンパク質ですが、先ほどからの説明で解説している通り、タンパク質は髪の毛の主成分でもあります。生命維持とは関係の無い「髪の毛を伸ばす」というタンパク質の効果は、どうしても優先順位が低くなってしまいます。タンパク質が日頃から不足してると、髪が伸びにくくなるというのは生命維持に必要な部分にタンパク質が消費されきってしまうからなのです。髪の毛が伸びるために使われるたんぱく質というのは、生命維持に使われた分の残りということになるのです。髪の毛は1日当たり0.3ミリから0.4ミリのスピードで伸びると言われています。これは計算していくと1ヶ月でだいたい1センチ伸びるということになります。十分な量のタンパク質を摂取できてないと、髪の毛が伸びるスピードが遅れてしまうのです。これは例えるなら、工場に材料がなくなってしまい、製品が作れない、出荷できないという状況と同じです。十分なたんぱく質を摂取するということは、髪の毛が伸びるスピードを速め、健康な髪の毛を作ることにつながるのです。

1日に必要なたんぱく質の量


タンパク質は、生命を維持するのにも必要で、なおかつ髪の毛を作るのにも必要な成分だということがわかりました。しかし、必要十分な摂取量というのはどのぐらいなのでしょうか。1日に必要なたんぱく質の摂取量の目安は、成人男性の場合、体重1kg に対して1gというふうに言われています。つまり体重が60キロの男性であれば1日に60g のたんぱく質を摂取しなければいいないのです。しかも、スポーツ選手や筋肉の量が多い方の場合は1kg に対して2g のタンパク質が必要と言われています。食生活が偏っていたり、ダイエット中の方はなかなかたんぱく質の豊富な食事が取れないかもしれませんが、できるだけ積極的にタンパク質を摂取するようにしていきましょう。ファストフードやインスタントラーメンなどが食生活の中止になってる方もタンパク質が不足している可能性が高いので注意が必要です。

タンパク質が多い食品

タンパク質にはに2つの種類があります。良質なたんぱく質と、そうではないたんぱく質です。日頃私達が口にする食品の多くにタンパク質は含まれています。例えば牛乳であったり、牛肉、豚肉、納豆、豆腐、魚、卵などです。これらの中で、髪の毛にとって良質なたんぱく質はどういった食品に含まれているのでしょうか?

非常にポピュラーな、たんぱく質が含まれる食品は卵です。タンパク質の摂取以外にも抗酸化作用や老化の防止、生活習慣病予防としても効果があります。卵は生で食べるよりも加熱して食べたほうが吸収率が上がるそうです。ただし、卵に含まれる活性酸素は、頭皮を刺激してしまうので、過剰な摂取は禁物です。髪の毛が伸びるためには、1日に1個のペースで卵を食べていくのが良いそうです。

豆腐

豆腐は、はるか昔から健康食品として食べ続けられてきました。豆腐に含まれている大豆タンパク質というのは、最近医学の研究によって分かってきた成果によると、がんや脳卒中、高血圧などを抑制する効果や、それらを回復させる効果が期待されています。普段豆腐を食べないという方は、豆乳など飲むことで手軽に補うこともできます。

青魚

髪の毛に良いアミノ酸やビタミンB 群を多く含むのが、青魚です。青魚とは、サバやイワシなどの回遊魚のこといます。また、青魚に含まれているタウリンという成分は、髪の毛の成長を助けてくれ、さらに亜鉛の消費量を抑えてくれる働きがあるので効率よく髪の毛が伸びる手助けをしてくれるのです。焼いて食べても煮て食べても良いですし、お店に行って食べても良いでしょう。摂取しやすい部類のタンパク質になります。

タンパク質を上手に撮るためのレシピ


どのような食品によって良質なたんぱく質が摂取できるかということが分かりいただけましたか。決定はそういった食材を使ってどのようなレシピで料理を作れば髪の毛に役立つのでしょうか。今日から作れる簡単な行くもレシピをご紹介します。

中華風卵スープ

【材料】
○水1000cc ○顆粒鶏がらスープの素 小さじ5 ○しょうゆ 小さじ1 ○塩少々 ○こしょう少々 ○卵1~2個 ○ 水溶き片栗粉 ○片栗粉 大さじ1と1/2 ○水大さじ1と1/2
①:鍋に、水・鶏がらスープの素・しょうゆ・塩・こしょうを入れて火にかける。
②:①が沸騰したら、水溶き片栗粉でとろみをつける。
③:ボールに卵を割り入れて、箸で溶く。
④:沸騰させた鍋の中をお箸でくるくるかき回しながら、③を少しずつ鍋に入れる。
⑤:③を全部入れたら、10秒ほど箸で鍋をかき回してから、沸騰しない内に火を止める。※卵を入れてから沸騰させてしまうと、トロッと感がなくなってしまうので注意です。
出典:http://cookpad.com/recipe/1221169

まとめ

このように、タンパク質をしっかりと摂取すれば抜け毛の予防になります。タンパク質は髪の毛を作る原料になるのでしっかりと摂取しないと、髪の毛が成長することができなくなってしまうかもしれません。しかし、ただ単にたんぱく質をたくさん摂取すればいいというわけではありません。抜け毛にはその他にもさまざまな原因があるため、それら一つ一つを解決しなければ、抜け毛は改善できません。そのため、タンパク質を摂取すると同時に育毛剤を使用したり、亜鉛やビタミンなど、髪の毛にとって大切なその他の栄養素もバランスよく摂取していくことが必要です。

最新スカルプ成分配合育毛剤で悩み解決

抜け毛、ボリュームダウンなどの髪の悩みの解決には適切なヘアケアが必要です。
バイタルウェーブスカルプローションは、キャピキシル、リデンシル、成長因子といった最新スカルプ成分を配合した実力派スカルプローション。
今すぐ育毛を始めたい人にぴったりのスカルプローションです。
バイタルウェーブスカルプローション

バイタルウェーブスカルプローション



公式サイトへ

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

【女性は注意】妊娠中にフィンペシアを飲むと胎児に影響が出てしまうって本当?

2016年12月8日 

育毛・発毛

育毛薬のフィンペシア 男性型脱毛の治療に効果があるとして有名な飲み薬プロペシアで...

589e4b37733052439956dc984bff12e4_s

【対策法】頭皮の不衛生でシラミが発生したら専門的な方法で解決しよう!

2016年12月7日 

頭皮

髪の毛には、頭シラミというしらみがいます。この頭シラミのせいでかゆみが止まらずに...

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s

【カテキンの力】お茶を飲むだけで男性ホルモンが抑えられてハゲが改善する?

2016年12月8日 

育毛・発毛

あの「お茶」で育毛? 日本人の誰もが慣れ親しんでいるお茶。 「これまでにお茶を飲...

タイプ別にフケ予防ケアをしよう!

【ヘアケア】髪は毎日洗うべき?頭皮の皮脂量でわかる適切なシャンプー回数は?

2017年10月19日 

育毛・発毛

正しいシャンプーの回数とは何回なのか? あなたは、どのぐらいのペースでシャンプー...

09305adb07370087a7aa47bc56b9ce2d_s

【育毛】化粧品成分<システイン>が髪を構成するケラチンを作る?

2016年12月8日 

育毛・発毛

育毛に役立つ?システインとは システインという名前を聞いたことがある人は多いので...

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

【若ハゲ】20代で薄毛になるのは生活習慣が原因?今から始めて若ハゲを治す方法

2016年12月6日 

育毛・発毛

「近頃抜け毛が多い」「将来的にハゲてしまかもしれない」そのような不安がありつつも...

976347d078882e074d36255188f0431b_s

【育毛剤の成分】今話題のあの育毛剤にも入っている<カプサイシン>には毛穴を開かせる作用があった

2016年12月8日 

育毛・発毛

yahooショッピングで一位を獲得した育毛剤「チャップアップ」のサプリにも含まれ...

OZPA87_kyuunishinzouga20130707_TP_V (1)

【副作用】育毛剤<リアップ>で育毛すると心臓に負担がかかる?

2016年12月8日 

AGA

リアップには怖い副作用がある? 「リアップ」はCM もたくさん放送していますし知...

d8d60c6ec179dd508a7ebfa0a52b55cb_s

【注意】強い副作用のある毛生え薬で身体に異常が出ることも

2016年12月8日 

AGA

毛生え薬って何? 20代後半や30代に差し掛かると、同世代の中でも薄毛に悩む人は...

5399c728c35ec0fe2a2ce345af853a69_s

【医薬部外品や化粧品】スカルプ系商品「育毛剤」と「養毛剤」の違いとは?

2016年12月8日 

育毛・発毛

育毛剤という名前と養毛剤という名前を聞いたことがありますか? これはどちらも髪の...

髪LABOスタッフイチオシ記事

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s
【女性は注意】妊娠中にフィンペシアを飲むと胎児・・・

2016/12/08 

育毛・発毛

目次育毛薬のフィンペシアフィンペシアとプロペシアの違

3066afe74f16a57892d162a3999e5744_s
【育毛剤にも配合?】研究が進んでいる<IPS細・・・

2016/12/08 

育毛・発毛

山中教授がノーベル賞を受賞した「iPS 細胞」、 こ

aca82d9c5901e85fffca392b79d136f7_s
【育毛成分?】海藻エキスは育毛剤にも入っている・・・

2016/12/08 

育毛・発毛

目次ワカメで髪が伸びるって聞いたことあるけど・・・ワ

4bb645372e55620e85abdce4a7c09acd_s
【薄毛の新発見】育毛の鍵を握る「バルジ」って何・・・

2016/11/22 

育毛・発毛

目次髪の成長を支えるバルジ毛根付近の構造バルジについ

07d6191650287f2fb8743d3f17bc9607_s
【相乗効果?】ノコギリヤシとイソフラボン、一緒・・・

2016/09/23 

育毛・発毛

目次ノコギリヤシ&イソフラボンの同時摂取は育毛上どう

治療を始めて薄毛を食い止めよう
【要チェック】効く育毛剤には入ってる「成長因子・・・

2016/09/28 

育毛・発毛

育毛剤の成分の中に「成長因子」という記載があり、「な

髪Laboの育毛理論