018da9edaca0bed42d78b850760ed6b4_s

髪の毛

2017/01/25

【ツヤ髪】うるおってる髪を取り戻すにはキューティクルの保湿をしよう

髪の毛がダメージを受けてキューティクルが破壊されると、その破壊されたキューティクルの隙間から水分が逃げていきます。そしてどんどん髪の毛が乾燥し、乾燥した髪の毛はさらなるダメージを引き起こします。そのため髪の毛をダメージから守ることが直接保湿につながるということです。

「ここ数日、髪の毛が乾燥してうまくまとまらないなあ」こういった悩みは、冬になるとよく聞きますよね。今回の記事では、試すことが簡単にできる、髪の毛の保湿方法について説明します。これを読めば、冬場に困ってしまう髪の毛のパサツキと決別し、毎朝のスタイリングをチャッと時間短縮できるようになるかもしれませんので、ぜひ参考にして、しっとりとまとまった髪の毛を取り戻してください。

髪にも保湿は必要


髪の毛が乾燥してパサパサになってしまうと、毎日うまくいっているはずのスタイリングもうまくいかなくなってしまいます。また外見の清潔感がなくなってしまうという問題もあります。このように、髪の毛の乾燥というのは困ったものですが、簡単に防ぐ方法があります。この記事では、案外知られていない髪の毛を保湿する方法について分かりやすく説明していきます。今日から実践できることばかりですので、参考にしてください。
寒い季節になると髪の毛の乾燥が気になってきませんか?「ここ数日、髪の毛が乾燥しているな」と感じている方もいると思いますが、そういった悩みは、実はたくさんの人たちも同じように抱えています。例えばインターネットを覗いてみてください。SNSで、髪の毛の乾燥についての検索をかけると、書き込みがたくさんあることに気付くでしょう。多くの同じ悩みを抱えた人たちが、乾燥と戦っているのです。スタイリング剤を変えてみたり、コンディショナーを使ってみたり、様々な方法で乾燥を防ごうと努力をしています。

キューティクルの保湿効果


髪の毛には保湿が大事だということを、様々なところで聞きます。しかし、なぜ髪の毛にとって保湿は大切なのでしょうか。なんとなくわかったつもりで、実はよくわからないという人が多いのがこの部分です。
なぜ髪の毛にとって水分が重要なのかということを見ていきたいと思います。髪の毛は、乾燥すると細胞が壊れてしまい、栄養が失われていきます。そして髪の毛が乾燥すると、キューティクルという、髪の毛の表面を覆う薄いタンパク質の成分が破壊されて髪の毛の内側にある栄養素水分が空気中に放出されてしまいます。そうすると髪の毛がもろくなり、健康な髪の毛は保たれなくなってしまいます。そういったことを防ぐためにも、表面を乾燥させず、ある程度の湿度を保った状態にしなければいけないのです。また、キューティクルが破壊されると、見た目もパサパサになって髪の毛につやがなくなってしまいます。キューティクルは、ツヤを出す効果もあるので、見た目の部分でもこれは大切です。
また、頭皮が乾燥してしまうと、潤いがなくなるので頭皮のフケやかゆみなどといったトラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。さらに、頭皮が乾燥した状態でそのまま放置していると、成長中の髪の毛にも大きなダメージを与えることがあります。健康でぐんぐん成長するような髪の毛が生えにくくなり、逆に髪の毛が抜けてしまって薄毛になってしまうことすらあります。髪の毛は、12%前後の水分量が平均的で、12%から13%であれば、健康的な状態であるといわれています。しかし、冬場など、ダメージが増えすぎて水分量が7%から8%といった状態になってしまうと、髪の毛の表面にあるキューティクルが剥がれ落ちてそこから水分がさらに出てしまい、乾燥が加速してしまいます。12%から13%と言われても一体どのぐらいなのか分かりにくいと思いますが、髪の毛がツヤツヤしている見た目であれば大丈夫なのでそれを意識していきましょう。

髪の毛が乾燥する原因

髪の毛の保湿を考える前に髪の毛が乾燥しているしてしまう原因を考えましょう。単純に髪の毛の湿度を高めようとするのではなくて、乾燥を引き起こしてしまういくつかの原因を知った上で対策をとれば、髪の毛にとって悪い行いを今後防ぐことができるので、より健康的な状態に近づけることができます。

髪の毛の栄養不足

髪の毛の主成分はタンパク質です。タンパク質が不足すると髪の毛は健康に育ちません。そのため普段の食生活の中でたんぱく質をしっかり摂取するということが欠かせません。また、髪の毛を新陳代謝させるためには、ビタミンやミネラルも必要になりますので、併せて摂取しましょう。特にビタミンB 群、ビタミンE、ビタミンA このあたりは髪の毛にとって大切なビタミンですので普段の食生活から積極的に摂取するように心がけましょう。こういった栄養素が不足してしまうと髪の毛の栄養が足りなくなって乾燥の大きな原因の一つになってしまいます。

髪の毛を洗った後の自然乾燥

お風呂やシャワーの後で髪の毛を自然乾燥させてる人は注意が必要です。特にめんどくさいからという理由でドライヤーをせずに自然乾燥で済ませている人は、一度そのやり方を見直した方が良いと思います。自然乾燥というのは、濡れたままの状態の髪の毛をタオルで強くこすって乾かすということが多いので髪の毛にダメージを与えてしまうのです。先ほどお伝えした髪の毛を守ってくれるキューティクルというものなのですが、これは髪の毛の表面をうろこ状に覆っています。そして開いたり閉じたりを繰り返しているのですが、濡れた状態のキューティクルというのは、全てが開ききっている状態になります。開いた状態のキューティクルというのは少しの刺激で剥がれ易く非常に傷つきやすい状態なんです。このような状態でタオルでゴシゴシと擦ったりすると、髪の毛のダメージはかなり進んでしまいます。そして、タオルドライの状態もまだ髪の毛は濡れていいますのでちょっとした刺激で切れ毛になったり枝毛になったりしやすい状態ですので注意が必要なのです。お風呂上りやシャワー上がりはできるだけ自然乾燥はやめて、ドライヤーを使って乾燥させましょう。

ストレス、睡眠不足

睡眠が足りていない状態というのは、髪の毛に必要な栄養が行き渡らない状態です。なぜなら人は、眠ってる時に最も髪の毛が成長するからです。特に成長ホルモンは午後10時から深夜2時の間に最もたくさん分泌され、その時間に睡眠をとっているか、取っていないかによって、髪の毛の成長スピードは大きく変わるのです。また、ストレスを感じることが多い環境に長時間いると、ホルモンバランスが崩れてしまい、血行不良になります。血行不良になると髪の毛には栄養が届かなくなってしまうのです。できる限りリラックスできる時間を取って、毛細血管の隅々まで血液が行き届くようにして髪の毛に栄養が届くようにしましょう。

髪の毛を保湿する方法


髪の毛が乾燥してしまう原因についてはわかりました。では、どのように対応したらよいのでしょうか?

ヘアオイルの使用

最もわかりやすく効果の高い保湿方法は、潤いのある成分を髪の毛に直接浸透させることです。つまり、ヘアオイルを使うことが最も保湿には有効なのです。トリートメントなどを使って保湿することもできますが、トリートメントの保湿効果は長続きしません。長時間の潤いを持続させるためには、ヘアオイルにあって、髪の毛を表面からカバーして水分が逃げにくい環境を作ってあげることが大切なのです。ただし、毛先中心にオイルをつけるようにして、頭皮にはオイルが付かないようにしてください。頭皮につくと、そこで雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

シャンプーの後はすぐドライヤー

前の項目でお伝えしたように髪の毛を自然乾燥させるのは非常に危険です。そのため、お風呂上りに、車はあまりにはできるだけ早めにドライヤーを当てましょう。可能な限り早くに乾かしきってしまうことが急で黒保護する一環になります。ただし注意が必要なのは、ドライヤーで手甲になった風を1下肢の髪の毛や頭皮に当て続けてしまうと、そこがダメージを受けて逆効果になってしまうことがあるので注意しましょう。できれば、温風と冷風を上手に使い分けながら髪の毛に負荷がかからないように髪の毛を乾かすのが最も良い方法になります。

まとめ

髪の毛がダメージを受けてキューティクルが破壊されると、その破壊されたキューティクルの隙間から水分が逃げていきます。そしてどんどん髪の毛が乾燥し、乾燥した髪の毛はさらなるダメージを引き起こします。そのため髪の毛をダメージから守ることが直接保湿につながるということです。なので髪の毛の下側から何らかの保湿成分を髪の毛につけるという方法もありますが、髪の毛にダメージを与えないように日頃からケアをしていくことが最も大事だと言えます。

髪にハリコシが無い…ボリュームが欲しい…それは頭皮に原因があります。


髪に元気がなくなっている方は、頭皮環境に原因があります。特に30代を超えると髪年齢はどんどん衰えてきます。そのままほおっておくと、最悪の場合薄毛になってしまうことも。

本当に頭皮の事を考えたシャンプーで早めのケアを心がけるといいですね。

ケフトルアーユルヴェーダ

ケフトルアーユルヴェーダ



公式サイトへ

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s

【カテキンの力】お茶を飲むだけで男性ホルモンが抑えられてハゲが改善する?

2016年12月8日 

育毛・発毛

あの「お茶」で育毛? 日本人の誰もが慣れ親しんでいるお茶。 「これまでにお茶を飲...

20160708_02

【発見】髪の毛の寿命を伸ばすことがハゲ対策になるらしい!

2016年8月8日 

頭皮

髪の毛の寿命は何年くらい? 髪の毛は一般的に、生まれてから抜け落ちるまでに3~6...

症状に合わせて早めの対策を

女性男性型脱毛症「FAGA」ってなに?FAGAの原因と適した治療法で改善しよう

2017年10月16日 

FAGA

女性の薄毛の症状、それって「FAGA」かも? 男性で薄毛に悩む人はたくさんいます...

bea66ab9a2b5a634527907bc14326f6e_s

【実践!】髪が傷むのを防ぐヘアケア法は?毎日のお手入れでツヤ髪を手に入れよう

2016年12月6日 

髪の毛

髪の毛の傷みは、様々な原因によって起こります。髪の毛の痛みが激しくなると、薄毛に...

TSUCH160130390I9A6572_TP_V (1)

【女性も注意】気になる頭のにおいの原因は頭皮だった!頭皮臭の適切な予防方法は?

2017年2月9日 

頭皮

気になる頭皮臭?周りに気づかれてるかも・・・? 湿度が高い日や、たくさん汗をかい...

7480bddcac7e662c7ad7489c81830bb1_s

【今話題】育毛剤と比較できる?育毛サプリで髪は生えるのか

2016年12月8日 

育毛・発毛

サプリで育毛? 髪の毛の生え際が後退してきたりおでこが薄くなってきたりした方は、...

髪LABOスタッフイチオシ記事

f07c4439e6eec9fc1eaeb2ec50b5a26e_s
【早耳】クエン酸リンスを使うとキューティクルが・・・

2016/12/07 

髪の毛

ここ最近、石鹸シャンプーがブームになっていますが、そ

IMG_5897
石けん系のシャンプーは女子が使っても大丈夫?髪・・・

2017/02/02 

髪の毛

目次髪の毛にいいのか気になる石鹸系シャンプー石鹸系シ

Hair. Before and After. Damaged Hair Treatment. Haircare
【比較】縮毛矯正とストパーの違いって?持続期間・・・

2017/01/20 

髪の毛

目次ストパーをするべきなのか、縮毛強制をするべきなの

1729291_01L
スチーム力とキープ力がすごい!?  カールがで・・・

2017/02/02 

髪の毛

目次ミラカールって何?ミラカールの特徴をまとめました

5b46011c86549fa68653e982471f2c16_s
【根拠なし?】髪を結ぶと伸びるという都市伝説は・・・

2016/12/06 

髪の毛

髪の毛を切りすぎてしまって早く伸ばしたい時ってありま

髪型を変えてみる?
【ヘアセット】髪がぺたんこでセットが決まらない・・・

2016/12/22 

髪の毛

目次髪がぺたんこで嫌だ!ボリュームアップさせるには?

髪Laboの育毛理論