beece5017e42fbc29ea2ee7462f9fe94_s

ヘアカラー・パーマ

2017/01/25

【月一はダメ?】頭皮の事を考えると、カラーリングは頻繁にしない方がいいらしい

ヘアカラーを頻繁に繰り返すと、髪の毛にとっても、頭皮にとっても、良いことはありません。 特にドラッグストアで販売されているカラーリング剤は、ダメージが強い割にカラーリングの効果が持続しないので、おすすめできません。カラーリングをする際は美容室で、1か月以上の間隔を開けて実施してください。

ファッションとしてであったり、白髪染めとしてであったり、年代に関わらず多くの日本人がヘアカラーを行うようになりました。ヘアカラーのための薬剤は、頭皮にとって非常に刺激が強いです。何度も繰り返しヘアカラー行うと、頭皮環境を悪化させる原因となってしまう可能性があります。頭皮環境を守るためにはどのぐらいの頻度でヘアカラーを行うのが最適なのでしょうか?この記事ではそのヘアカラーの頻度について検証します。

ヘアカラーの最適な頻度


ヘアカラーは多くの人が行います。若者であれば、おしゃれの一環で、高齢の方であれば、白髪隠しのために行う場合が多いです。この記事を読んでるあなたは、どのぐらいの頻度でヘアカラーを行っているでしょうか?髪の毛が伸びてくると、根元の部分だけ黒くなってしまうので、またすぐに次のヘアカラーを行ってしまうという人は注意が必要です。ヘアカラーを一定の頻度を超える回数以上頻繁に行うと、頭皮に必要以上の負担がかかり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことがあります。では、そのヘアカラーの頻度はどのぐらいがもっとも最適なのでしょうか。毎月ヘアカラー行っているという方は、頭皮の環境は問題ないのでしょうか?

ヘアカラーの頭皮へのダメージ

よく美容室などでヘアカラーを利用している方なら経験があると思いますが、ヘアカラーを行う際に美容師さんから「しみたらすぐに教えてくださいね」と言われることはありませんか?ヘアカラーで使用される薬液というのは、なんと、頭皮の角質を溶かしてしまうほどの強い刺激があります。当然のことながら、これは頭皮に大きなダメージを与えます。そもそも、しみるということ自体が、頭皮が必要以上の刺激を受けているという証拠なのです。シャンプーをしたばかりで、頭皮に皮脂が少ない状態だったり、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れてしまった状態であったり、そういった様々な条件によってダメージを受けるレベルは変わりますが、ヘアカラーをすることが頭皮をかなり痛めるという事は間違いがありません。
ちなみにこれはヘアカラーだけではなく、パーマリング剤や、縮毛矯正で使用される薬剤も同じく頭皮に大きなダメージを与えます。

ヘアカラーのシステム


そもそも、ヘアカラーとはどうやって髪の毛を染めているのでしょうか?多くの人がそのメカニズムまでは詳しく知らずに行っていると思います。
髪の毛が染まるのはどうしてか、この項目では解説していきます。
一般的にヘアカラーと呼ばれるものは、髪の毛のメラニンを一度、強力な薬剤を使って分解し、色が抜けたところに新しい色を加えるという方法で行われています。つまり、いったん髪の毛の色素を抜いて、白に近づけてからその部分に着色を行うということです。同じように、髪の毛の色を変える方法にヘアマニキュアという方法がありますが、これは元々の髪の毛の色はブリーチで落としたり、いじったりはせずに、表面に色を乗せるだけという方法なので、混同してしまう人も多いと思いますが、この2つは全く違います。ヘアカラーの方が色素自体を抜いてしまうために色の持ち期間は長いです。しかしその分、髪の毛自体を変質させてしまうため、ダメージが激しく、人によっては頭皮にしみたり、湿疹ができたり、頭皮が赤くなってしまったり、といった症状を引き起こす可能性が出てきます。髪の毛が伸びてきたからといって、すぐに根元を再び染め直すのは、そういった意味で危険です。
髪の毛は自分の力でダメージを再生することはできませんので、どんどんダメージが蓄積していきます。ということは、カラーリングを繰り返すと毛先に行くにしたがって、何度も薬剤に浸かっている過去を経験しているため、溜まったダメージの量が大きくなります。たまに、ヘアカラーをしている方の毛先がボロボロになっていることがありますが、これは最もダメージが蓄積されている部分が毛先だからです。

ヘアカラー後のケア

ヘアカラーをした後の髪の毛は、一度組織を破壊して色を入れているため、大きく傷ついた状態になっています。ヘアカラー行った後は、髪の毛の水分を守るためにコンディショナーを使うなどの方法で、適切に髪の毛のお手入れをしていく必要があります。しかし、髪の毛は月に1センチの速さで成長すると言われていますので、ヘアカラーをしてから少しの時間がたてば、また根元から黒い髪の毛が伸びてきてしまいます。根元の髪の毛が黒いのが気になって、1ヶ月たたずにすぐにまたヘアカラーをしてしまうと、頭皮や髪の毛へのダメージはどんどん進行していきます。
「リタッチカラー」といって、新たに生えてきた髪の毛の根元部分だけを染めるという方法もあります。これならば毛先のダメージを軽減することはできますが、結局頭皮へのダメージは変わらないので、ヘアカラーのダメージによる薄毛は改善でき出ません。

カラーリングとハゲの関係


薄毛になる可能性があると不安になり、ヘアカラーの変更を、オシャレの一環として楽しめなくなってしまうのはもったいないですね。もしカラーリングによってハゲてしまうのであれば、「どうしてハゲるのか」ということをちゃんと知って、それに対する対策をとれば、頭皮が健康な状態を保ったまま、髪の毛のカラーリングを楽しむことができるはずです。

髪の毛の芯の部分まで薬液が浸透してしまう

カラーリングをした直後に問いがヒリヒリと痛みを起こしたり、赤くなってきたりしたことがある人は多いようです。この理由は、薬液が髪の毛ではなく頭皮にまで浸透してしまい、頭皮が傷んでいるという。証拠です。これは特に、スポーツ刈りなど髪の毛が短い人がカラーリングをしたときほど頭皮に薬液が信用浸透しやすいので、男性の場合は特に美容室に行って髪の毛を染めた後の肌の状態に注意を払うことが必要です。

薬液が頭皮を塞ぐ

カラーリングで使用される薬液はキューティクルの隙間から新たな色相髪の毛の中に入れ込むために粒子を非常に細かい状態にしています。そのため、粒子が細かすぎてきゃ何も入って詰まってしまうことがあります。人が毛穴に詰まると髪の毛が通常の成長することができなくなってしまいます。一つの毛穴から2本3本と複数の髪の毛が生えてくるのが正常であるにもかかわらず、毛穴が詰まっているために1本しか入ることができなかったり、髪の毛が途中から細くなってしまうことがあるのです。

ヘアカラーは美容室で行うことがお勧め。

ドラックストアなどに行くと、安い値段で様々なヘアカラーを販売されています。こういったものを購入し、自宅で手軽に髪の毛を染めることもできますよね。しかし頭皮にかかる負担という観点で考えると、こういったドラッグストアで購入できるヘアカラーを使用するのは、あまりお勧めできません。できれば美容院でヘアカラーを行った方が良いです。なぜなら、市販されているドラックストアなどのヘアカラー剤は、髪の毛をブリーチする力が強く、それとは逆に髪の毛にに色をつける着色の力が弱いからです。その特性のために、すぐに色が落ちてしまいます。そのため、短い期間で再びカラーリング剤を使わなければいけなくなり、どうしても使用頻度が高くなります。
しかも、自分で染める場合、なかなかうまくいかなくて何度もやり直す必要があったり、頭皮に不必要にたくさん薬剤がついてしまたり、ヘアカラー後に薬剤が頭皮に残ってしまったりといったデメリットもあります。特に襟足部分や生え際部分は薬剤が残りやすいので、注意が必要です。
プロの美容師さんであれば、その人の頭皮の状況に合った薬剤を使用してくれますので、ダメージは少なくて済みます。

まとめ

このように、ヘアカラーを頻繁に繰り返すと、髪の毛にとっても、頭皮にとっても、良いことはありません。
特にドラッグストアで販売されているカラーリング剤は、ダメージが強い割にカラーリングの効果が持続しないので、おすすめできません。カラーリングをする際は美容室で、1か月以上の間隔を開けて実施してください。

髪にハリコシが無い…ボリュームが欲しい…それは頭皮に原因があります。


髪に元気がなくなっている方は、頭皮環境に原因があります。特に30代を超えると髪年齢はどんどん衰えてきます。そのままほおっておくと、最悪の場合薄毛になってしまうことも。

本当に頭皮の事を考えたシャンプーで早めのケアを心がけるといいですね。

ケフトルアーユルヴェーダ

ケフトルアーユルヴェーダ



公式サイトへ

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

c2a45eeb4916e2c217e78989e258bdf3_s

【ハゲ治したい】センブリエキスの育毛効果ってどうなの?効果とデメリットを検証

2016年9月12日 

育毛・発毛

センブリエキスとは? 天然成分で育毛効果?! 育毛に効果がある、と注目されている...

タイプ別にフケ予防ケアをしよう!

【ヘアケア】髪は毎日洗うべき?頭皮の皮脂量でわかる適切なシャンプー回数は?

2017年10月19日 

育毛・発毛

正しいシャンプーの回数とは何回なのか? あなたは、どのぐらいのペースでシャンプー...

5399c728c35ec0fe2a2ce345af853a69_s

【医薬部外品や化粧品】スカルプ系商品「育毛剤」と「養毛剤」の違いとは?

2016年12月8日 

育毛・発毛

育毛剤という名前と養毛剤という名前を聞いたことがありますか? これはどちらも髪の...

e589f5ffd2807ea9c4eb634a3599e182_s

【カラーリング】天然由来で人気のヘナカラーのヘナに頭皮を健康にする効果があると話題に

2016年12月7日 

ヘアカラー・パーマ

ヘナといえば誰しもが一度は聞いたことがあると思います。人によっては、ヘアカラーを...

cac3769cb4f6f28dfd911ca1cd42a908_s

【血行不良かも】頭皮が赤い人は将来ハゲるらしい あなたの頭皮をチェックしよう

2016年12月6日 

頭皮

何気なく鏡で頭皮を見てみたら、なんだか赤くなっていることがあります。「そういえば...

87caa71176a06e7d403e0e83c62042ae_s

【気になる】理論上最強!?キャピキシルとミノキシジルの併用をしたらどうなる?

2016年9月12日 

AGA

育毛剤の併用は危険? 「薄毛を治したい」 「ハゲと決別したい」 真剣にそう考えて...

OMG151018110I9A1844_TP_V (1)

【頭皮の疲れ】肩・首だけじゃない!薄毛や目の疲れの原因になる頭皮のコリを見落とさないで!

2017年3月6日 

頭皮

頭皮のコリとは? あなたは、1日の何割ぐらいの時間、スマートフォンを見ていますか...

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s

【男性注意】石鹸系シャンプーは育毛に効果的?逆効果?シャンプー派頭皮にやさしい洗浄成分のものを選ぼう

2016年12月8日 

育毛・発毛

石鹸でシャンプーするってどうなの? 石鹸を使用したシャンプーが育毛に効果的だと言...

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

【女性は注意】妊娠中にフィンペシアを飲むと胎児に影響が出てしまうって本当?

2016年12月8日 

育毛・発毛

育毛薬のフィンペシア 男性型脱毛の治療に効果があるとして有名な飲み薬プロペシアで...

d5b2312e2747ab36482d0f37002b7a1d_s

【人気】ネットで話題のキャピキシルってなに?超絶すごいデータと効果を紹介

2016年9月12日 

育毛・発毛

ミノキシジルの3倍の育毛効果!キャピキシルとは? 近年急激に育毛業界で注目されて...

髪LABOスタッフイチオシ記事

4d86d8cfb48efb14c299c51b9af15a82_s
【女子必見】パーマをかけてダメージヘアが進行す・・・

2016/12/07 

ヘアカラー・パーマ

美容院でパーマをかけた経験があるという人は多いと思い

130314best_ideas_in_the_shower-thumb-640x360-53894
【カラーリング】髪染めたいけどダメージも気にな・・・

2017/10/17 

ヘアカラー・パーマ

目次どのくらいの頻度でカラーリングしてますか?ヘアカ

MAKIteresaokoru15135817_TP_V
【衝撃】髪染めたら薄くなった!?カラーリングに・・・

2016/08/08 

ヘアカラー・パーマ

目次カラーリングでハゲた!?なぜカラーリングでハゲる

CRI_IMG_6004_TP_V
【美容師推奨】カットやカラーを受けるために美容・・・

2017/01/19 

ヘアカラー・パーマ

目次美容室に行く頻度ってみんなどうしているの?実は適

e589f5ffd2807ea9c4eb634a3599e182_s
【カラーリング】天然由来で人気のヘナカラーのヘ・・・

2016/12/07 

ヘアカラー・パーマ

ヘナといえば誰しもが一度は聞いたことがあると思います

c0fbff5ba3cf96490b3f983a4649a937_s
【応急処置】ブリーチした後、髪が傷んでしまった・・・

2016/12/07 

ヘアカラー・パーマ

目次髪色を変えるのに人気のブリーチ、ダメージが気にな

髪Laboの育毛理論