3066afe74f16a57892d162a3999e5744_s

育毛・発毛

【育毛剤にも配合?】研究が進んでいる<IPS細胞>で髪を生やせる?

再生医療の分野で注目を集めているIPS細胞が、育毛の分野でも活躍しようとしています。一度自分の毛根の細胞を取り出し、培養して再度注入するという方法です。すでに資生堂や京セラなど、大手企業も開発に着手しています。

山中教授がノーベル賞を受賞した「iPS 細胞」、
これは現在再生医療の分野で研究が進んでますが、実は育毛の分野でも応用がされるのではないかと言われています。マウスの実験では、人工的に毛を増やすことにすでに成功しています。
そのため今の育毛業界は、iPS 細胞の研究がどのように髪の毛を増やすのか、その実用化に注目しています。
今回はそんなiPS 細胞と育毛の関係について検証していきたいと思います。

iPS 細胞とは


「iPS 細胞」と言うと難しそうな名前に聞こえてしまいます。ですが、その働きはそんなに複雑なものではありません。
私たち人間を含めたすべての生き物の体は、「細胞」という小さな粒が集まってできています。iPS 細胞は私たちが病気や怪我をした時にその細胞を復活させてくれる働きを持った細胞です。
iPS 細胞は、「万能細胞」と言う名前でも呼ばれ、神経や筋肉などの様々な体の部分に変身することができます。
例えば、病気で内臓が悪くなってしまった人がいたとします。その人の皮膚から細胞を取り出し、iPS 細胞に入れ替えることで、そのiPS 細胞はその人の内蔵と同じ細胞に成長してくれるのです。
現在の医療では、病気で内臓が悪くなってしまった人は、他の健康な人に内臓をもらうという手術をする方法が多いですが、なかなか「健康な内臓を持っていて、その内臓を分けてくれる」という人は存在しません。
また、もし分けてくれる人がいたとしても、その人の内臓が病気の人と体質的に合わない事も多いのです。
そういった時に、この再生医療の研究が役に立つのです。

原初の細胞

生物は全て最初は一つの細胞で作られています。それがどんどん増殖し、種類が増え、分かれて行ってとてつもなく多くの細かい細胞になります。それが手になったり、足になったり、頭、内臓など様々なパーツになっていくのです。その状態が赤ちゃんです。
赤ちゃんになる前の最初のたった一つの細胞。これはどんなものにでもなることができる可能性を秘めた細胞です。
近年、再生医療の分野で話題になっている、「iPS 細胞」とその周辺の技術は、その原初の細胞と同じ性質を持つ細胞を人工的に作る技術のこといます。
例えば人の皮膚の細胞を取り出して、その細胞の中に一定の遺伝子を入れることでその細胞は、生まれる前のどんな生き物にでもなれる可能性を持った細胞の状態に戻ります。この、人工的に作り出された原初の細胞の事を「iPS 細胞」と呼びます。もともとは皮膚の細胞だったそれを、内臓や筋肉、神経などに変質させて再生させるというのが、IPS細胞を使用した再生医療なのです。
これは、マウスを使用した実験では成功しました。その実験の具体的な内容は、マウスの皮膚の細胞を取り出し、遺伝子の操作によって、いろいろなものになる可能性を持つIPS細胞に変化させたのです。そしてその細胞をもう一度マウスの体に入れて成長させると、神経になったり、消化管組織になったり、柔らかな骨が入り交じったかたまりになったりしました。さらには、ピクピクと動く心臓の筋肉や、神経の細胞にも変化したのです。
そして、すでに人間の皮膚からも、その実験と同じように、iPS 細胞を作ることに成功しています。
つまり簡単に言えばiPS 細胞とは、人の体から採取した細胞を、生まれた瞬間の原初のさいぼう(何の細胞にでも変化できる万能細胞)に戻し、培養して増やし、不足している部分の再生に当てる技術のこと言うのです。

iPS 細胞が育毛に応用される


大手化粧品メーカーの資生堂が再生医療を育毛に応用する研究をするために「細胞加工培養センター」という研究機関を神戸に開設しました。カナダの企業と提携して技術提供をしてもらうことによって、育毛と再生医療をつないだ新たな方法を実用化しようとしています。その実用化の目標時期は、なんと2018年。
そう遠くない未来に、再生医療が育毛に応用されるのかもしれません。
このiPS 細胞を利用した育毛法は、現在までの育毛法とは根本的に違います。全く別のものだと言っても過言ではありません。
これまでの育毛方法は自分の毛根の力を助けたり、髪の毛が抜ける原因を減らしたり、マッサージで血行を促進したりといった、「結局は自分の毛根の力頼み」の方法で髪の毛を増やそうとしてきました。
しかし、このiPS 細胞を利用した育毛は、自分の細胞を培養してその培養された細胞をもう一度頭皮に移植するというものです。このような言い方をすると、自毛植毛に近いのではないか、というふうに考える方がいると思いますが、それは全く違います。
自毛植毛は自分の髪の毛を一旦摘出して、そのまま場所を変えて自分に移植するという方法です。つまり、髪の毛の総量は、変わりません。この点でiPS 細胞を利用した育毛は、毛の生える元となる細胞を取り出した後、培養するというステップが加わり、その後移植するという考え方なので、髪の毛の量自体が増えるのです。
具体的な方法をお伝えします。まず、薄毛治療をしたい方の頭皮から、毛根の細胞を採取します。その後、採取した細胞を培養し、変質させ、充分に増えた後で、注射などの方法で薄毛部分に注入します。すると、注入した周辺の毛根が活性化し再び太くコシのある髪の毛が生えてくるということになります。
これまでの育毛剤にはなかった、全く新しいアプローチの方法です。わかりやすく言ってしまえば、自分の細胞を使って、自分だけのオリジナル育毛剤を作るようなイメージです。

副作用のない安全な育毛


しかもこのiPS 細胞を利用した育毛方法は、育毛剤にありがちな、「副作用」というものが一切ありません。なぜなら自分自身の細胞を使用しているからです。安全に使用できるので、男性はもちろんのこと、女性の薄毛にも効果が期待できます。しかも、実用化されれば自毛植毛するよりも安く、そして効果があるのではないかといわれています。この技術がそこまで高額ではない費用で実用化すれば、現在、育毛の業界で主流となっている。フィナステリドミノキシジルと言った、副作用の強い育毛剤を使う治療がなくなる可能性があります。
また、2016年の7月には京セラ株式会社株式会社オーガンテクノロジーズの共同開発で毛包器官再生による脱毛症の治療という。研究が開始されました
こちらも資生堂と同様に薄毛ではない部分の頭皮を取り出して培養そして、薄毛部分への注入するという形の模倣再生の方法をとっています。資生堂だけではなく京セラという大企業までこの分野に参入をしてきたということは、非常に効果の高く.なおかつ今後の展開に可能性を秘めた再生育毛の分野だということが言えるのではないでしょうか。

iPS 細胞を応用した育毛剤

現在販売されている育毛剤の中に、iPS細胞が配合されているものがあります。
それは「バイタルウェーブスカルプローション」というものです。この育毛剤には、この記事で説明してきたiPS 細胞が配合されているほか、「キャピキシル」という成分が5%配合されています。
キャピキシルは、実験の結果発毛効果がミノキシジルの3倍ということが証明され非常に話題になった成分です。
その他様々な成長因子や「リデンシル」という、2014年に開発された最新の育毛成分も配合されています。
さらに、育毛成分を頭皮の奥まで浸透させて留める「CIP設計」が採用され、その他の育毛剤で効果が無かった人でも期待できる要素があります。iPS細胞に興味があれば使用してみてはいかがでしょうか。

最新スカルプ成分配合育毛剤で悩み解決

抜け毛、ボリュームダウンなどの髪の悩みの解決には適切なヘアケアが必要です。
バイタルウェーブスカルプローションは、キャピキシル、リデンシル、成長因子といった最新スカルプ成分を配合した実力派スカルプローション。
今すぐ育毛を始めたい人にぴったりのスカルプローションです。
バイタルウェーブスカルプローション

バイタルウェーブスカルプローション



公式サイトへ

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

関連記事がありませんでした。

髪LABOスタッフイチオシ記事

fa8a5b0dd2d62a2fc48e5c3ce1d1fc9c_s
【DHT抑制?】ノコギリヤシの効果が凄い!?ど・・・

2016/09/09 

育毛・発毛

目次■ネイティブアメリカンは薄毛が少ない!その理由と

112a8cec7c88d7d82ec0bc33860c4bcb_s
【育毛効果あり?】安全な成分?グリチルリン酸2・・・

2016/10/05 

育毛・発毛

育毛剤やスカルプシャンプーなどを購入する場合、成分名

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s
【カテキンの力】お茶を飲むだけで男性ホルモンが・・・

2016/12/08 

育毛・発毛

目次あの「お茶」で育毛?お茶に含まれる育毛成分カテキ

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
【栄養バランス】ビタミンの中でも薄毛の人が採る・・・

2016/12/08 

育毛・発毛

目次そもそも「ビタミン」とは何か?体の潤滑油ビタミン

治療を始めて薄毛を食い止めよう
【要チェック】効く育毛剤には入ってる「成長因子・・・

2016/09/28 

育毛・発毛

育毛剤の成分の中に「成長因子」という記載があり、「な

suzuki0i9a6739_1_tp_v
【育毛成分】サプリでも人気のノコギリヤシの摂り・・・

2016/12/08 

育毛・発毛

目次ノコギリヤシは摂りすぎてはいけない?ノコギリヤシ

髪Laboの育毛理論