白髪3-1

白髪

【白髪染め】どんな白髪染めがイイの?美容室染め・セルフ染めと徹底比較

日頃、どんな白髪染めで髪を染めていますか?年齢と共に白髪が気になるものです。髪と頭皮に優しい白髪染めで髪を染めたいですよね。ここでは美容室染めとセルフ染めの違いやおススメ商品などを比較していきます。

白髪が目立ってきちゃった・・・


「最近、白髪が目立ってきた・・・」なんて悩んでいませんか?
白髪が出るなんて、女性としては多少なりともショックですよね。
35歳を過ぎた頃から白髪は出始めるものです。
今回は、この白髪を上手に染めるにはどうしたらいいか?自宅で染めても髪にダメージを与えないかを検証していきたいと思います。

白髪が出てくるなんてショック・・・
白髪が出てくるなんてショック・・・35歳を過ぎた頃から白髪は出始めます。

白髪染めにはどんなタイプがあるの?

ではまず、白髪染めにはどんなタイプがあるか見ていきましょう。

アルカリ性酸化カラー(ヘアカラータイプ)

サロン(美容院)でのカラーリング市販のホームカラー剤がこのタイプとなります。
このタイプは、髪のキューティクルを開いて染料を浸透させていく方法で染めていきます。
1液、2液で染めていく方法となり、 1液めで脱色、2液めで着色をしていきます。
1液の薬剤には「酸化染料」(パラフェニレンジアミン、トルエンと言った、ジアミン系の成分)と「アルカリ剤」(アンモニアやモノエタノールアミンが代表的な成分)の2種類が配合されています。
2液の薬剤には「酸化剤」と呼ばれる過酸化水素水が配合されていて、これは染料の発色を良くし独特の色合いを出す仕組みとなっているそうです。
髪の中心までしっかり染まりやすく、褪色しにくいのが特徴です。
市販のホームカラータイプはサロン(美容院)用と比べて薬剤が強いと言われています。
薬剤が強いと頭皮ダメージを受けやすいので、このタイプであればサロン(美容院)で染めるほうが安心だと思います。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアタイプは、染料を髪の表面だけに定着させ染めていくタイプです。
髪の表面のたんぱく質を染める事によって色づけします。
このタイプは、髪の表面をコーティングするので、髪の毛がツルツルになるのが特徴です。
表面だけを染める為、色落ちしやすく、パーマがかかりづらくなってしまうのが難点です。
色素を髪の中へ導入する成分であるジアミンを含んでいないので、ジアミンに対して刺激を感じる人や、髪や頭皮がデリケートな人にはおススメです。

塩基性カラー

塩基性カラーとは、市販されている「カラートリートメント(白髪染め)」と呼ばれるものです。
このタイプは、キューティクルを開かないで染料を浸透させ染めていくので、髪や頭皮にやさしいのが特徴です。
数回かけて染めていくイメージの白髪染めなので、髪の中心までは染料が届かず色抜けもしやすいのが難点と言えます。

カラースプレータイプ

カラースプレータイプは、その名の通りスプレーで色を吹き付け色を付ける方法で染めていくタイプです。
スプレーなのでシャンプーで簡単に色を落とす事が出来ます
長時間白髪を隠せる白髪染めではないので、新しく伸びてきた白髪を隠すために使うタイプとなります。

カラー剤にもいろいろな種類があるんですね。
カラー剤にもいろいろな種類があるんですね。美容院や一般的なホームカラータイプはアルカリ性酸化カラーと呼ばれるものです。

ホームカラーとサロン(美容院)染めはどんな違いがあるの?

では、自宅で染めるホームカラータイプサロン(美容院)染めは、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

ホームカラータイプ(自宅染め)

ドラッグストアなどで購入できるホームカラータイプは、基本的には短時間でどんな髪質でもしっかり染まるようにできているものが多いと言われています。
なので、しっかり染まるように薬剤が強めであるそうです。
薬剤が強めな分、髪がダメージを受けやすいので髪や頭皮がデリケートな方は負担がかかりますね
そして、自宅で染めるとどうしても後頭部など目の届きにくい場所に染め残しや染めムラが出てしまい、きれいに染め上げるのは難しくなります
また、カラー剤はアルカリ性なので頭皮や肌に触れると刺激を与えやすくなりトラブルの原因にもなってしまいます。
化学染料を使用していないものやヘアマニキュアタイプのものを選ぶことで、髪へのダメージを抑えることができます
ただ、ヘアマニキュアタイプは色落ちしやすいので毎日使用できるトリートメントタイプの白髪染めを使えば、使用頻度を上がることにより色落ちを防ぐこともできます。
白髪が少ない方や髪の短い方など、染めることが比較的簡単な方は自宅での白髪染めでも問題ないかと思います。
ホームカラータイプのカラーバリエーションはだいたい7~8種類ぐらいとなっています。

サロン(美容院)染め

サロン(美容院)で染める場合は、市販のホームカラータイプより比較的薬剤も刺激の少ないやさしいものが使われているそうです。
サロン(美容院)では、カラー剤を流すときにアルカリ除去剤で丁寧に薬剤を落としているそうですので、髪や頭皮に安全だと言われています。
ジアミン系染料過酸化水素を使用するので、ダメージがないといえないようですが、市販のホームカラータイプよりは薬剤が弱めであるのでトラブルは起こりにくくはなります
また、染め残しや染めムラができにくいので、白髪が多い方髪の長い方などはサロン(美容院)で染めたほうが自宅で染めるよりもきれいに染められるのがいいですね。
サロン(美容院)ではカラーバリエーションは明度と色味約50色と言われており、ホームカラータイプよりお好みの色が選べます。
ただし、ホームカラータイプより費用が高めとなるので、白髪が伸びてきた部分だけを染める「リタッチ」をうまく利用すると髪にもやさしく費用が抑えられるでしょう。

どこが違うの?
白髪染めの種類はたくさんあるんですね。美容院で染めるのと自宅染めでは薬剤の強さが違います。

白髪染めを使うことでのリスクって?

では、白髪染めを使用することでリスクになることはあるのか見ていきましょう。

ダメージヘア

アルカリ性酸化カラー(ヘアカラータイプ)と呼ばれる白髪染めには、酸化剤(過酸化水素水)という成分が含まれており、この成分が髪の水分をどんどん外に出してしまうために髪が傷みやすくなると言われています。
また、アルカリ剤という成分が、髪のキューティクルをこじ開け、染料を髪の内部に浸透させるので、髪がダメージを受けてしまうとも言われています。

ジアミン系の成分による危険

色素を髪の中へ導入する成分であるジアミンは、アレルギー反応の原因となると言われています。
市販されている白髪染めのほとんどジアミン系の成分が含まれているので、アレルギー体質の方は特にチェックが必要です。
ジアミン系の成分が含まれていない白髪染めもありますので、よく成分を確認してから使用するようにしましょう。

白髪染めのリスクとは
白髪染めのリスクとは白髪染めによりダメージヘアになったり、成分によってはアレルギーを起こすものもあるので注意が必要です

髪に安心なおススメ白髪染め商品とは?

では、人気の白髪染めを比較していきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント(自然派clubサスティ)

利尻ヘアカラートリートメントは、保水・保湿効果の高い利尻昆布28種類もの植物由来成分を配合し無添加にこだわった髪に負担の少ない商品です。
ジアミン・タール系色素・パラベン・酸化剤・シリコン・香料・鉱物油 無添加です。
累計販売本数1500万本を誇るトップブランドです。
2つのカラー成分(イオンカラー・ナノ分子カラー)、天然由来植物色素使用で髪・頭皮をいたわりながら美しく染め上げてくれるそうです。
アレルギーの原因となる酸化染料を使用せず、頭皮環境を整え、血行を良くする天然由来の成分がたっぷり配合されているので、育毛効果も期待できます。
また、髪の補修成分ケラチンやシルク、保護成分のヒアルロン酸やデンプンポリマーなどが髪のパサつきを抑え、潤いのある指通りのよい髪にしてくれます。
毎日使用しても髪や頭皮に負担がかかりにくく、安心して使用することができるでしょう

グローイングショット カラートリートメント(POLA)

グローイングショットカラートリートメントは、40代以降の女性の髪の悩みから生まれた、ハリとコシのある艶やかな黒髪を目指すヘアケアシリーズです。
保湿やうるおい成分が多く配合され補修力が高く、染毛時間は5分と短いが染まりが良いのが特徴です。
アミノ酸、セラミド、コラーゲン、オタネニンジン根(高麗人参)エキスなどを配合してあるので、髪の補修力や保護力に優れているそうです。
コンディショナーと置き換えるだけで手軽に染めることができます。
ポーラオリジナル成分黒米エキス(タンパク質・ミネラルなどを豊富に含む)配合

正しい認識で快適な白髪染めを!


どうでしたか?
白髪染めにもいろいろな方法や薬剤があることがわかっていただけましたか?
自宅染めだと安く済みますが、仕上がりと頭皮へのダメージ緩和を考えるなら美容室の方がお勧めです。
ストレスのない方法で、快適な白髪染めをしていきたいものですね。

ストレスのない健康な髪を
ストレスのない健康な髪を白髪に悩むより、頭皮と髪に優しい方法で白髪対策をしましょう

洗うだけで白髪対策!今話題のカラーシャンプー

いちいち染めるより、もっと簡単に白髪ケアをしたい人に選ばれているのが利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーは、毎日シャンプーするだけでいいので、忙しくて髪が染められない人にもおすすめです。
利尻カラーシャンプー
利尻カラーシャンプー



公式サイトへ

染めずに薄さ・白髪を根本から改善したいなら

haruは、ボリュームがなくなってきた加齢にともない白髪が増えてきた、というお悩みのための黒髪専用シャンプー。

ノンシリコン・アミノ酸系洗浄成分で優しく洗えて、抜け毛予防成分<キャピキシル>も配合しているので、白髪だけではなく薄さにも働きかけます。
haru
haru(ハル)



公式サイトへ

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

白髪-24

【白髪】白髪染めトリートメントの口コミ評判を徹底リサーチ!人気の白髪染めは?

2017年9月22日 

白髪

最近白髪が気になる・・・! 最近白髪が気になるようになってきた・・・なんてあなた...

かゆいのは頭皮環境の悪化が原因!

若白髪が気になる!親が白髪が多いと遺伝で自分にも影響する?

2017年9月22日 

白髪

まだ若いのに白髪がでてきちゃった! 白髪と言えば、加齢とともに出てくるものと思っ...

DI_IMG_5638_TP_V

【画像あり】男性とは違う!FAGAの女性がハゲやすい部位とは?FAGAの対策法も

2017年2月10日 

FAGA

女性のFAGAって?見分け方が難しい? 男性のAGAは男性ホルモンが原因ですが、...

髪LABOスタッフイチオシ記事

白髪20170528-1
【これ以上白髪を増やしたくない】白髪を増やさな・・・

2017/09/22 

白髪

目次白髪がでてきちゃった・・・どうしよう・・・白髪の

白髪-24
【白髪】白髪染めトリートメントの口コミ評判を徹・・・

2017/09/22 

白髪

目次最近白髪が気になる・・・!白髪ってどうしてできる

30代女性の頭皮
サロンでの白髪染めはどのくらいの頻度でするべき・・・

2017/01/16 

白髪

目次白髪が気になり始めてきたはやく染めたいけどダメー

白髪20170528-3
侮るな!白髪の原因はストレスだけじゃない!白髪・・・

2017/09/22 

白髪

目次白髪は病気のサイン?白髪の主な原因って?メラノサ

白髪ってなんでできるの?
【白髪予防】白髪を増やさないために普段から心が・・・

2017/09/22 

白髪

目次白髪ってなんでできるの?白髪の原因とは?白髪にな

whitecolor
白髪はどうして生える?白髪の生えるメカニズムと・・・

2017/02/24 

白髪

目次白髪、気になりますよね白髪になる原因は?原因1 

髪Laboの育毛理論